ゼミ紹介7 (山川ゼミ-ヨーロッパ文化研究ゼミ)

皆さん、こんにちは! 

今回は山川ゼミの紹介ということで、先生の人柄、ゼミの内容、所属しているゼミ生という3つのポイントからお伝えしようと思います。

①先生の人柄

先生の出身が愛媛県の松山ということもあり、愛媛県への愛情が強いです。
また、フィールドワークを大切にしている先生は海外での調査・研究の経験も豊かで、専門分野に限らず、様々な質問に対してご自身の体験談を交えながら回答してくれます。さらに、ゼミでの学生との繋がりを大事にしてくれる先生です。

②ゼミの内容
先生は研究している分野が幅広く、宗教史だけでも古代ギリシアの巡礼、四国遍路というように世界と日本を結びつけて研究しています。ですから、山川ゼミでは世界史だけに限らず、世界と日本のつながりや違いを学ぶことができます。その他にもギリシア・ローマの歴史、また卒業論文を書く時に必要な本の要約や疑問点を挙げる等、様々なことを学ぶことができます。


③所属しているゼミ生

現在ゼミ生は3年生2人です。少人数ですが、その良さを活かして活動しています。現在は、使っている本の要約をし、自分の疑問点をゼミ内で一緒に議論しています。これによって、同じゼミに所属するゼミ生でもそれぞれに視点が違うので、より深い理解ができ、さらに相手がどういった視点から疑問点を見出しているのかを知ることができます。
以上、3つのポイントから山川ゼミについてご紹介しました。ギリシア・ローマに限らず、世界と日本のつながりや違いを知りたい!気になる人は気軽に山川研究室まで遊びに来てください。